競馬で4億円的中→申告せず脱税容疑

競馬で4億円的中したけどその払戻金を申告しなかったために脱税容疑で大阪府寝屋川市固定資産税課の課長が所得税法違反で起訴される、という事件がニュースで報道されていました。

WIN5(指定の5レースの1着をすべて当てる馬券)とかで4億円超の払い戻しがあったんだとか。

どうやって税務署が馬券の払戻金がわかったのか?ですが、インターネットでの馬券購入だったからそこからでしょうかね。。

 

しばらく前に、自作の予想ソフトを使ってインターネットで繰り返し馬券購入していた人の税金について裁判になっていて、その時は雑所得としてハズレ馬券の購入代金も経費算入されていたようですが、今回は一時所得と判断されたようで、当たり馬券の購入代金くらいしか控除されなかったようです。

 

同じことをやっても方や経費算入されたりされなかったり、税金ってかなりファジーなものですね。。。(^-^;

 

株式投資とかFXとかの税金も毎年のようにちょいちょい税制が変更になっていたりするので、ちゃんと把握してないと思わぬところで損したり、得られるはずだった利益を得られなかったりするので常に注意が必要です(・∀・)b

 

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す