米国大統領選挙後の相場

米国大統領選挙はマスコミではクリントン氏優勢か?と言われてましたが、蓋を開けてみるとトランプ氏が接戦を制して勝利!でしたね。

大統領選挙の投票前にはクリントン氏の私用メール問題はFBIはこれ以上追求しない、という報道が流れ、米ドル高に。

その後、投票が始まってトランプ氏が若干優勢、というニュースが流れると、一転円高に振れ始めて、さらにトランプ氏リードのニュースが伝わるとどんどん円高に。

しまいには105円から101円前半まで動く、非常に荒っぽい相場でした。。。

 

その後、トランプ氏勝利から、米国経済が強くなるのでは、ということから米ドルが買われて、円安方向に現在触れてます。

 

どこまで円安になるのか、ですが、下記の米ドル/円の日足チャート的にはとりあえずは7月の高値、107.490付近を超えてくるかどうかがポイントになるのかなぁ、と。

20161113usdjpy

 

とりあえずは相場の流れに乗って米ドル買いをするか、
もしくは目先の天井を売ってみるか、というところでしょうか。

 

 

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す