70歳を超えても働く

日経の記事で、日経の調査によると70歳以上まで働くって言う人が3割になったっていうのがありました。

 

老後に不安があると言うのが主な意見のようですが、老後に不安になるのはやっぱりキャッシュフローがない、というのが原因の一つだと思います。

キャッシュフローがない(入ってくるお金がない)状態で、持っている資産がだんだん目減りしていくっていうのは、やっぱり不安ですよね。。

 

逆に言えば、老後になって働くのをやめたとしても、何かしらキャッシュが生まれる仕組みを持っている、と言うのは精神安定面からも重要なことなんだと思います。

 
そういった点では、やっぱり若い頃から投資をして、お金からお金を生み出すような仕組みを作るか、もしくはビジネスを始めてそのビジネスからキャッシュフロー(お金)が生まれるような仕組みを持っておくということが重要ですね(・∀・)b

 

その点、株式投資やFXなどは資産からキャッシュフローが生まれる、と言う点では若いころから慣れ親しんでおいて、老後まで続けられると良いのではないか、と言うふうに考えています。

 

他には何かキャッシュを生むようなビジネス等を複数分散して持っているのが老後の安心につながるんじゃないか、と言うふうに思います。

 

ビジネスっていうとなんだか堅苦しい感じですが、言いかえるとお金が稼げる仕組みがあれば良い、ってことなので、『せどり』とかでも良いし、何か自分のスキルや経験をお金に代えられれば良いんじゃないかと。

 

ぶっちゃけ、日経の記事のように70歳超えても健康で働ける身体があれば、働いてお金を稼ぐっていうのも全然ありだと思います。

Web上で単発の仕事探したりとか、それこそUBER EATSのようなお金の稼ぎ方もできるわけで。

そのためにはある意味自分の身体のメンテナンスっていう投資が必要ですね。

 

身体がちゃんと動くうちに働いて稼いだお金を株式投資やFX等、金融資産に変えていって、身体の機能が低下してきたころには金融資産等から十分なキャッシュフローが得られれば老後も安泰ですな、と、日経の記事を読んで思いました(*´∀`*)

 

スポンサードリンク


コメントは受け付けていません。